木製iPHONEケース作ります!<第2回>

木製iPHONEケース作ります!
早いものでもう2回目です!(笑)
e0235709_9443214.jpg



今回は第1回でご紹介した「木取り」の続きです。
その前に、少し補足を。

板には「柾目」と「板目」とあります。
以下wikipediaより
 「柾目」とは
 年輪の目を断ち切るように年輪に対し直角に近い角度で切り出した板の表面に現れる木目を柾目と呼ぶ。冬目と夏目が交互にほぼ平行に現れ、きれいに揃った縞模様となる。収縮や変形が少ないが、水分を透過させやすい。柾目の板は原木から20 - 30%程度しかとれず歩留まりが悪いので高価である。
 「板目」とは
 年輪の目に沿うように接線方向に切り出した板の表面に現れる木目を板目と呼ぶ。木目は柾目のように整った縞模様とはならず、不規則な曲線模様となる。板目の板には裏表があり、切り出しの際に外辺部側に面していた方が表面(木表)、中心部側に面していた方が裏面(木裏)となる。板目の板では水分の吸い込み易さの指標である吸水率が表側と裏側で異なり、長い年月を経ると必ず収縮・変形し易い性質があり、木材には反りが生じる

と、少し難しいことがたくさん書いてありますが、要は板は反るということです。
でも、板目の場合は目によって反る方向は決まっているのです。
通常、板目の場合は「木表」の方に向かって反りが生じます。

それを逆手にとって、ケースにした時、反りが生じた場合でもiphone本体をがっちりつかむ方向に反らしてしまおうという魂胆です!
というわけで、長い補足となりましたが、「木表」の面を荒削りしています!

「荒削り」した状態で、数日置いておくと案の定反ってきました。
板の状態では反らなかったのに、荒削りして反るのはなぜか?
それは力関係が崩れたからです。
本来、互いに引っ張り支えあっていた関係が、一部分が欠けることによってひずみが生じるのです!
どこかの組織と一緒ですね!(笑)

かなりわかりにくいですが、すこーし反っているのが下の写真です。わかるでしょうか?
まったく自信がありませんが(^^ゞ
e0235709_9292879.jpg


これを、「プレーナー」という機械で平らに削ります。
結構危ない機械なので指が刃物に当たらないようにカバーをします。
(ちゃんとしたカバーがあるのですが、うちはお手製です)
e0235709_9322868.jpg


で、まっすぐになった板。
e0235709_9331091.jpg





え?全然わからない?

ええ、私も写真を選びながらどっちが反ってる方だっけ?と一瞬迷うほどでした。
写真の撮り方が悪いですね。ごめんなさい。
ちゃんとまっすぐになってますからご心配なく。

というわけで、完成後の反りを少しでも軽減すべくかなり細かい作業をするのでした。

あ、最後にもう一つ。
「板目」でも「柾目」でも反るときゃ反ります。(+_+)

ではでは、次回に続く。
by matsuba_factory | 2011-02-18 09:47 | 製作過程