木製iPHONEケース作ります!<第4回>

このブログを楽しみにしていただいていると各方面からお聞きしています!(大袈裟かな?)
ありがとうございます!

少し間が空きましたが、「木製iPHONEケース作ります!<第4回>」です!

前回までで、荒削りした板をまっすぐにしたんでしたね。
さあ、いよいよケースの形に削っていきますよ~!



… と思っていろいろやってみたのですが、これがなかなか難しい。
内側から削るか、外側から削るか、どうやって押さえるかとか本当に色んなパターンを試してみました。
かなり薄く削るので、下手をすると削ってる最中に板が割れるんです。
これが結構怖い。(/_;) バキッってすごい音がするんですよ!

で、最終的に外側から削ることに落ち着きました。
NCという機械で削るのですが、うちの機械は古いし多機能ではないので、削る材料を棒で上から押さえて固定する必要があるのです。
ところが、上から押さえてしまうと棒が邪魔になって外周をぐるっと一周まわるように削れないんですね。
う~ん、どうしよう。
高機能なタイプのNCは裏から吸引(バキューム)で材料を引っ付けて固定するので、上から押さえなくてもいいんですが…。
あ、空気で吸えないなら下からネジで留めてしまおう!
ということで、一つ一つネジで留めることにしました。

ところが、いきなり材料をネジで留めるとこういうことになるんですね。

e0235709_14291565.jpg


あちゃ~。見事に割れちゃってますね~!
堅い木材を使っているので、いきなりネジを締めると割れちゃいます。
こういう時は、下穴をあらかじめあけておくんですね!

どの材料も同じ位置に穴があけられるように治具(それ専用の道具のこと)を作ります。
で、ボール盤と呼ばれる穴をあける機械で下穴をあけていきます。

e0235709_14365453.jpg


そして、加工する作業板にネジでしっかり固定します。
ここで、強く締めすぎても割れちゃいます(^_^;)

こんな感じです。

e0235709_1439188.jpg


伝わってます?
今回、少し不安です。(^^ゞ

これで、機械加工する準備が出来ました!

次回は、今度こそ機械でケースの形に削っていきますので、懲りずに見てください!

ではでは、次回に続く。
by matsuba_factory | 2011-03-07 14:45 | 製作過程