<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今回は、ケースとしての機能について思ったことを綴ってみます。

皆さんご存知の通り、私の作るケースは一枚の板を削り出して出来ています。
なので本体にはめた状態で落としてしまうと、やはり割れたりします。

以前、訪問先で木製ケースをお見せしてそのことを説明をしていた時のことです。
偶然居合わせたサラリーマン風の方に、iPhoneのケースはケースとしての機能を果たさないと
意味がないとの指摘をいただきました。
というのは、ソフトバンクの安心保障といったサービスはiPhoneには適用されず、
自分に過失があった場合の修理・交換はかなりの金額になるそうです。
というわけで、本体を保護するためにケースを着けているのであって、ケースが割れたら意味ないじゃん、とのことでした。

うん、なるほど。
一理ある。





いやいや、そうとも限らないよ。

わかりやすく極端な例で考えてみました。
(あくまで個人の意見としてお聞きください。テストをしたわけではないので。(^_^;))

どれも胸ポケットにしまっていて、かがんだ際に石の上に落ちてしまったと仮定します。

1、未来の超合金で出来たガチガチのバンパーをはめた場合。
 >>なんか衝撃がそのまま伝わりそう。
    昔、トムとジェリーの真ん中の話で「未来の車」というのがありました。
    その中で、バンパーだけがもの凄く丈夫な車があって、壁にぶつかると
    バンパーは何ともないけど、肝心の車が壊れてしまうというお話。
    子供の頃に見たので強烈に印象に残っているので、そんな風に思うのかもしれません。

2、iPhoneの周りにセロテープを巻きつけた場合。
 >>やっぱり衝撃がそのまま伝わりそう。
    本体アルミ部分がへこみそう。もしくはガラスにヒビが入りそう。
    こんなこと恐ろしくて実験できないのであくまで想像です。

3、木製ケースの場合。
 >>ケースが割れる。
   でもケースが割れることで衝撃を吸収している気がする。
   これは実際にあったことです。
   つまり落としたってことです(^_^;)。


ということで、何が言いたいかというと、
木製ケースでも一応ケースとして機能するんじゃないのかな。
ということです。

実際に割れたてヒビが入った写真。
ただし、瞬間接着剤にて補修途中。
わかりにくいかもしれません<(_ _)>。
e0235709_1355585.jpg

このようにひびが入ったり、少し欠けたりしても、結構きれいに修理することが出来ます。
そのあたりは、また後日改めて。


※注 あくまでも個人の感想であり、iPhone本体の保護を保証するものではありません。
   その点はご了承ください。


木ならではの質感、見た目等を楽しみつつ、落とさないように細心の注意を払うのが最善の方法かと思っています。(^^ゞ


ではでは、次回に続く。


追伸
Facebookページやってます。
木製iPHONEケース(松葉製作所)
http://www.facebook.com/matsuba.factory

facebookをされている方はお気に召したら「いいね!」ボタンを押してファンになってください!
まだ始められていない方は、これを機に始められてはいかがですか?
世界が一気に広がりますよ!
[PR]
by matsuba_factory | 2011-06-24 14:06 | 番外編
今回は短く仕上げ編。

丸のみややすり、サンドペーパーなど様々な道具を駆使して木製iPhoneケースを仕上げます。
その工程の中でも、最も神経を使うのが、サイドのボタン周りとカメラホールです。

今回はサイドボタン周りのご紹介です。

ケースとiPhone本体がピッチリと一体化しているのがわかるでしょうか。
e0235709_12375181.jpg
iPhone本体の銀色のアルミ部分だけが見えるようにしています。
e0235709_1240284.jpg


ケース内側の切削はなんと0.01ミリ単位で機械を調整します。
木材の加工なのにですよ!
この調整次第で、微妙にカタカタしたりきつくなったりするので慎重に調整します。

機械の切削工程が終わると、この部分に材がごくごく薄く残ります。
これをパリッと破り、やすりで綺麗に仕上げていきます。
iPhone本体をはめては仕上げ、はめては仕上げと何度も繰り返し、納得のいく形状にするのです。

でも今回アップの写真を撮ってみると、まだまだ詰めが甘いことに気づかされました。

妥協せず、自分の納得のいくものを作っていこうと思います!


ではでは、次回に続く。


追伸
Facebookページやってます。
木製iPHONEケース(松葉製作所)
http://www.facebook.com/matsuba.factory

facebookをされている方はお気に召したら
「いいね!」
ボタンを押してファンになってください!

まだ始められていない方は、これを機に始められてはいかがですか?
世界が一気に広がりますよ!
[PR]
by matsuba_factory | 2011-06-15 12:48 | 製作過程
ヌラストモトニモドル



先日、いつもお世話になっている家具屋さんで打ち合わせ中、誤ってテーブルの上にノギスが落ちてしまいました。

結構尖がっているのでテーブルにへこんだ傷が!

アッチャ~!と思っていると、家具屋のオーナーさんが言いました。


ヌラストモトニモドル

 … はい? ドラクエの呪文ですか?



ヌラスト モトニ モドル

 … はあ。 「ユウテイ ミヤオウ キムコウ」的な裏技?(わかる人少ないかな)





濡らすと元に戻る

 …

 …

 … ん? えっ? え~~っ!?

そうなん?知らんかった!

マジで裏技じゃんか!!!

と木の性質についてあらためて感心しました。


調べてみると、木はパイプ状の細胞の集合体だそうで、
物体が衝突するとまず表面の細胞がつぶれ、さらに次の層の細胞がつぶれるというように
順次細胞がつぶれていくそうです。

そのつぶれた細胞内に水分が入り込むことによって、細胞壁がある程度元に戻るそう。


まだまだ知らないことばっかりだなぁ。


ではでは、次回に続く。


追伸
Facebookページやってます。
木製iPHONEケース(松葉製作所)
http://www.facebook.com/matsuba.factory

facebookをされている方はお気に召したら「いいね!」ボタンを押してファンになってください!
まだ始められていない方は、これを機に始められてはいかがですか?
世界が一気に広がりますよ!
[PR]
by matsuba_factory | 2011-06-07 12:54 | 番外編